2018年09月14日

北海道地震、企業にどんな影響? 訪日外国人は激減!【今週のイチ押しニュース】

テーマ:経済

 北海道の地震による停電、節電、物流の混乱が、全国展開する企業に大きな影響を及ぼしています。大きな災害で企業活動が影響を受けると、ふだんは私たちの目につかない事業や仕事が見えてきます。災害時の対応から、企業研究を深めてください。訪日外国人客の激減も深刻です。(編集長・木之本敬介)

(写真は、地震で倒れた送電用の鉄塔=9月6日、むかわ町、北海道電力提供)

節電で工場フル稼働できず

 北海道で震度7の地震が起きてから1週間が過ぎました。停電はほぼ解消しましたが、震源に近い北海道最大の火力、苫東厚真(とまとうあつま)発電所(厚真町)の全面復旧にはかなり時間がかかります。電力不足が続きそうで、政府は「2割の節電」を求めています。このため、工場をフル稼働できないなど、活動に制約を受けている企業が多くあります。

(写真は、北海道電力の苫東厚真発電所=北海道厚真町)

どんな会社が?

 トヨタ自動車は、部品子会社「トヨタ自動車北海道」(苫小牧市)などが被災しました。同社は、トヨタ車の変速機の製造拠点のため影響は全国に及び、東北から九州までの16工場が10日にストップしました。13日に全面再開しましたが、全体の生産に遅れが出ています。

 最近の記事から、北海道に生産拠点がある企業への影響をピックアップします。
キリンビール 地震で製造を停止した北海道千歳工場の再開は19日の予定。瓶ビールは洗浄工程で電力を多く消費するため、缶を中心に生産する。稼働時間も24時間でなく短縮
パナソニック 電子部品を製造する千歳工場は一部操業を再開したが、操業時間短縮を検討
出光興産 北海道製油所(苫小牧市)で原油からガソリンや軽油を精製する設備を点検中。冬まで節電要請が続けば、これから需要が増える灯油などを十分精製できない可能性も
デンソー 「デンソー北海道」(千歳市)は、点検や調整で生産していないラインも
YKK AP 普段は日中に操業している北海道工場(石狩市)の生産ラインの一部を夜間に操業
京セラ 北海道北見工場(北見市)で、照明や空調を間引くなどして通常稼働を維持
サッポロビール 北海道工場(恵庭市)で缶とたるのラインだけ稼働。瓶のラインは動かさず
石屋製菓 原料の仕入れが滞り、「白い恋人」などを手がける北広島工場(北広島市)が本格再開できず
 
 ほかにも、新日鉄住金、アイシン精機、日本製紙、王子製紙、凸版印刷、明治、カルビーなどの多くの工場が停電などで操業を一時停止しました。この機会に、自分の志望企業は全国のどこにどんな工場を設けているのか、調べてみましょう。全国に展開している大企業の規模感がつかめるほか、各都道府県での分業の状況などがわかり、企業理解が深まるはずです。

台風被害で大阪への訪日客もピンチ

 今回の地震が北海道の主要産業である観光産業に大きな打撃を与えていることも押さえておきましょう。訪日外国人旅行者や修学旅行の宿泊キャンセルが相次いでいるからです。北海道の観光は夏から秋がかき入れ時。7~9月で年間の4割弱の観光客が訪れるだけに、影響は甚大です。地震後のキャンセルは50万人、100億円にのぼるといいます。

 訪日客は大阪でも激減しています。台風21号で関西空港が被害を受けたためです。関空は日本に入国する外国人の3割近くが利用するとされ、国際線の再開が1カ月遅れたときの経済損失が600億円になるとの試算もあります。国際線が一部再開されたほか、大阪(伊丹)空港、神戸空港が関空分を受け入れることになりましたが、すべてはカバーできません。2017年に関空に降り立った外国人は成田空港に迫る716万人に達し、全体の4分の1を占めました。

 政府は2020年に4000万人の目標を掲げていますが、北海道の節電、関空の機能縮小が長引くと、達成が危うくなるかもしれません。
◆面接で聞かれる!就活生のための時事まとめ「インバウンド消費4兆円、航空・ホテル・百貨店…潤う業界は?」
 を読んで、志望業界にどんな影響が出るか、考えてみてください。

(写真は、普段は訪日外国人客でにぎわう黒門市場。人通りは少なかった=9月7日、大阪市中央区)

◆人気企業に勤める女性社員のインタビューなど、「なりたい自分」になるための情報満載。私らしさを探す女子就活サイト「Will活」はこちらから。

※「就活割」で朝日新聞デジタルの会員になれば、すべての記事を読むことができ、過去1年分の記事の検索もできます。大学、短大、専門学校など就職を控えた学生限定の特別コースで、卒業まで月額2000円です(通常月額3800円)。お申し込みはこちらから