人事のホンネ

最新記事

2020シーズン【第3回 YKKグループ】(後編)
求めるのは「有言実行」できる人 富山での研修は必須

人事部ファスニング人事グループ 東京人材開発チーム採用リーダー 谷本徹(たにもと・とおる)さん

2018年10月04日

 「人事のホンネ」2020シーズン第3弾、YKKグループの後編です。YKKは東日本大震災の後、リスク分散のために東京・秋葉原の本社から一部機能を富山県黒部市に移転しました。全員が少なくとも8カ月から1年間は富山で研修を受けます。学生の反応は?(編集長・木之本敬介)
前編はこちら)

■英語力
 ──ここからは、谷本さんが担当されるYKKの事務系についてうかがいます。YKKは海外メインのグローバル企業です。採用試験で英語力はどの程度重視しますか。
 YKK事務系の場合、海外赴任の可能性は高いのですが、TOEICやTOEFLはそれほど重視していません。それよりも、異文化を受け入れる力がある方、現地でタフに働ける方かを重視します。

 ──YKK事務系志望者のうち、海外志向の人の割合は?
 ほとんどが海外志望です。重視しないとはいえ、TOEIC800点以上の人も多いので、こちらがドキドキします(笑)。ただ、やはり「仕事ができて、語学ができる」が一番です。海外では日常会話をしてきてほしいわけではなく、仕事をしてほしいのですから。また、「資格・特技」欄に、「スペイン語ができます」「スワヒリ語ができます」「中国語検定○級」などとあると、インパクトがありますね。
 とはいえ語学力がすべてではなく、たとえば上下関係がしっかりしている体育会系の学生も評価します。マイナースポーツを大学で始めて全国大会に行った人、国公立大学でメジャースポーツをしている人、頑張って取り組んでいれば強豪校である必要はありません。

 ──適性検査では何を見ますか。
 能力値に加え、性格面も見て判断しています。海外赴任があるので、ストレス耐性が低い人は厳しい。過去の優秀層の統計からつくった指標も参考にします。

■面接
 ──YKK事務系の面接の形式は?
 1次面接は1対1、2次面接が2対2、執行役員が担当する最終面接は複数対学生1人です。

 ──それぞれの面接のポイントは?
 1次は30代で部下のいる社員に「一緒に働きたい人か」「チャレンジ精神があるか」を見てもらい、専門性はあまり重視しません。評価項目を決めて点数制にしています。
 2次はグループ長クラスが「組織の一員になれるか」を見ます。営業系と管理系の面接官がペアで面接するので、どの業務に興味があるかを聞きます。あとは周囲との関係性、関係構築ができるかどうかをメインで見ます。

 ──最終面接は?
 最終は営業部門から複数名(販売部門、営業部門責任者)、管理部門から複数名(人事部長と各部門長)で、学生からは「TVドラマで見る役員面接のように人数が多かった」と言われます(笑)。
 各部門の役員が面接に参加することで、後から「採ったのは誰だ?」とは言われません(笑)。役員もみんなで一体となり、採用に関わってもらっています。…続きを読む

みなさんに一言!

 就活は一生に1回の経験です。悔いがないよう、しっかり準備して臨んでください。ただし、たくさん受ければいいというものではなく、会社をしっかり見極めてください。今はネットでいくらでも調べられますが、生の情報を大事にしてほしい。ネットの情報は正しいと限りません。会社の人に会い、自分で見聞きしたことを信じてください。
 また、私事で恐縮ですが、父はとあるメーカーで管理系の仕事をしていましたが、実は自分が働くようになるまで、父の仕事のことをよく知りませんでした。就活の段階で相談していれば、もっといろんな道があったかもしれません。もちろん、入社後はいろいろと相談に乗ってもらっています。大学のキャリアセンターや教授、先輩は、親身になってくれるとは言え、他人です。自分にとって最も身近で、かつ、自分のことを理解している社会人の大先輩が、すぐ近くにいますので、ぜひ最大限、両親や兄弟を活用していただければ、と思います。皆さん、悔いのない就職活動を行えるよう、頑張ってください!

2613_ext_09_0.jpg

YKKグループ

【ファスニング・建材】

 1934年創業。80年以上にわたり、スライドファスナーを始め、面ファスナー、繊維テープ・樹脂製品、スナップ&ボタンなどファスニング製品を製造・販売。建材事業のYKK AP(株)を含め、世界でのグループ全体の従業員数は45,000名を超える。1959年の海外初進出から、現在73ヶ国・地域、計111社で事業活動を行なっている(2018年3月31日時点)。世界の事業エリアを6つのブロックに分け、地域ごとの特色を活かしたグローバル事業経営を展開している。

過去の記事一覧へ