人事のホンネ

神奈川県

2020シーズン【第12回 神奈川県庁】(後編)
秋は「専門試験」なし 「どんな公務員になり何したいか」考えて

神奈川県 総務局組織人材部人事課 課長 河鍋章(かわなべ・あきら)さん

2019年03月12日

 人気企業の採用担当者インタビュー「人事のホンネ」2020シーズンの最終回、神奈川県庁の後編です。秋季チャレンジは難しい「専門試験」なしですから、民間志望者にもチャンスがありそう。一方で「公務員になりたい」だけの人はNGだとか。志望動機のポイントを聞いてみました。(編集長・木之本敬介)
前編はこちら

■1次試験
 ──選考について教えてください。
 夏の1次試験は「教養試験」「専門試験」からなる筆記試験、2次では論文試験、グループワーク、面接を行います。

 ──筆記試験はかなり勉強しないと受かりませんよね。
 地方公務員法第20条で「採用試験は筆記試験、その他の人事委員会等が定める方法により行うものとする」と書かれていますから筆記試験は行っていますが、学校の勉強だけではなく、専門学校にも通う「ダブルスクール」の人が多いようですね。
 ただし、秋季チャレンジでは専門試験をなくしました。確かに専門試験は難しいですが、教養試験だけなら独学でも勉強できると思います。

 ──秋季チャレンジで専門試験をなくしたのは、いろんな人が公務員を目指せるように?
 はい。代わりに自己PRシートを出し、面接では最初の5分程度で「意欲・向上心・行動力」をプレゼンテーションしてもらいます。この点は普通の公務員試験とは違います。

■GDと論文
 ──2次試験のグループワークは、いわゆるグループディスカッション(GD)ですね。
 8人ほどで約1時間、グループワーク形式で実施しています。事前にテーマを与えて考えてきてもらい、その場で議論してグループとしての意見をまとめ、発表してもらいます。
 面接だけでなく多面的に人物を見ます。どういう人で、どういう役割か、人物特性を見ています。組織での立ち居振る舞いも見ます。

 ――2019年卒の夏試験のテーマは「18 歳までに身につけておいた方がよいことは何か、グループで3点挙げ、優先順位をつけた上で、その理由について説明しなさい」でした。事前にテーマを示すのはどうしてですか。
 事前にテーマを伝えることで準備をしてもらい、当日は活発な議論をしてもらうためです。

 ──最近はGDの訓練をしてくる学生が多いと思います。
 かなり慣れていますね。役割分担を含めて、すべて自由に進めてもらいます。
 発言内容にもよりますが、極端に発言が少ない人は評価が難しいですね……。

 ──過去の論文のテーマは「人工知能(AI)」「SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)」など比較的オーソドックスですね。
 論文試験では思考力、創造力、論理力、柔軟性を問うことにしています。県職員はたくさん文書を書かなくてはいけないので、基本的な文章の作成能力があるかどうかが大切ですね。分かりやすい文章が書けないと話にならないので。

人間性・意欲・印象みる 神奈川県の課題に向き合う意識持って

■面接
 ――面接の形式は?
 個別面接2回で、若手による面接と幹部面接です。若手面接は面接官2対学生1。面接官は必ず男女のペアです。若手の年齢は20代半ばから30代半ばくらいです。若手面接では、出してもらった自己紹介の書類「面接票」を参考に面接をします。

 ──面接で重視するのは?
 見るのは人間性。目的意識ややる気が大事です。若手面接官には「組織で一緒に働けるかどうかを見て」と言っています。4月から隣に来て一緒に働けるかどうかですね。
 幹部面接には課長級の職員も入ります。こちらでは、人間性、意欲、印象を見ます。今度は「自分の部下としてやっていけるか」「仲間と調和してやっていけそうか」を見ています。

 ──「責任感」はどうやって見極めますか。
 責任感が問われる状況について質問して答えを見ています。

 ──県の施策を勉強してこないと答えられない質問も?
 神奈川県の施策を聞くことは当然あると思います。ただ知っているだけでなく、自分の意見を述べられるといいですね。

■志望動機
 ──「アグレッシブ」かどうかはどこで判断しますか。
 態度に表れると思います。ベラベラしゃべり続ける人がアグレッシブなのではなく、たとえば自分の意見を簡潔にまとめて言える、こちらがその答えを深掘りしたときにきちんと返せる、なおかつ県職員になったら「こういうことがしたい」と明確に言える人はアグレッシブだと思います。

 ──多種多様な仕事がありますが、「○○がしたい」と言ってもその部署に行けるとは限りません。「どんな仕事でもいいから神奈川県で働きたい!」ではダメですか。
 「何でもやります」もいいが、「神奈川県にはこんな課題がある」という指摘もいい。課題に向き合う意識を持つことが大事です。

 ──面接票を書くとき何も調べずに「何でもやります」と書くのと、しっかり調べたうえで「この仕事もこれも面白そう。だから何でもやります」と書く人の違いですね?
 そうです。「公務員になりたい」は大事ですが、それだけじゃダメということです。これからは少数精鋭でやっていかなければならない。一歩進んだ人を求めています。「どんな公務員になりたいか」「公務員になって何をしたいか」を考えてほしい。逆に「○○をしたいから公務員になりたい」でも構いません。

 ――どんな仕事をしたい人が多いのでしょう?
 多い答えは「観光」です。「では、観光でどんなことをやりたいの?」と聞くと、その後が続かない人がいます。あるいは県の役割でないことを答える人がいます。
 「どんな施策をしたい?」と聞くと、勉強している人は「県として」という言葉が出て来たりします。「県としてこういうことがやりたい」と自分の考えを具体的にしっかり答えてくれるといいと感じます。

 ──印象に残った学生は?
 一度学生をやめて、アメリカでホームステイをして帰国した人が受験しました。公務員的な奉仕の考え方を持っていて、日本の政策の問題点をアメリカと比べて熱く語れるし、語学も堪能なようでした。意欲、能力、人間性も優れていて公務員としてはまる。一緒にぜひ仕事をしたいと思い内定を出しました。