人事のホンネ

人事のホンネ

 「人事のホンネ」特別編の第4回は、採用選考で企業がもっとも重視するコミュニケーション能力(コミュ力)を取り上げます。でも、企業が求めるコミュ力って何だかわかりますか。「友だち多いし大丈夫」と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、仕事で必要なコミュ力は単に「すぐ仲良くなれる」ということとは違います。面接で注意するポイントをまとめました。(編集長・木之本敬介)

(写真は、「朝日学生キャリア塾」での面接特訓の様子)

「誰とも仲良くなれる」じゃない、大人と話せるか

 経団連の加盟企業アンケートによると、2019年卒採用で「選考にあたって重視した点」のトップは「コミュニケーション能力」で82.0%でした。続く「主体性」(60.7%)、「チャレンジ精神」(51.7%)、「協調性」(47.0%)などを引き離して15年連続の1位。複数回答ですが8割以上の企業が挙げていますから、コミュ力だけはないと仕事にならない、「採用の前提条件」とも言えそうです。

朝日新聞社】同じ大学に通っている友人は、育ってきた背景が似通っていると思います。でも社会で働くと、いろんな人と付き合わなきゃいけない。だから、大人と話ができるかは大事です。コミュニケーションというと、単に「誰とでも仲良くなれます」とか「親しみやすいと言われます」と言う人が多いが、そうではありません。人にとってつらいことをうまく伝えられるか、嫌なことをいかにしてやってもらえるかがビジネスのうえでのコミュニケーション能力。そういう能力の土台を見たい。「私はできます!」と言葉で言ってもだめ。いろんな体験に裏付けられていると説得力があって、「あ、そうだよね。こういう人だったらこういう仕事もできそうだよね」と納得できるんです。

人気記事