人事のホンネ

株式会社朝日新聞社

2020シーズン【第7回 朝日新聞社】(前編)
筆記やめSPI…記者志望広がる 「人」に興味ある人来て!

人材戦略本部 人事部 採用担当部長 諸麦美紀(もろむぎ・みき)さん

2018年11月27日

 人気企業の採用担当者を直撃する「人事のホンネ」2020シーズンの第7弾は、朝日新聞社です。「マスコミといえば筆記試験」が常識で、多くの就活生にとってハードルになってきましたが、朝日新聞社はついに記者部門でも筆記試験を廃止し、SPIを導入しました。えっ!? 定番の小論文も採点はしなくなったの? 思い切った変革にはどんな狙いがあって、どんな学生が受けに来たのでしょう? 新採用担当部長に聞きました。(編集長・木之本敬介)

■筆記試験廃止
 ――2019年卒採用で記者部門の筆記試験を廃止しましたね。新聞記者を目指す人が時事問題を知らなくてもいいんですか。
 これまで時事問題を中心とした独自の筆記試験をずっと続けてきましたが、SPI3(適性検査)を受けてもらうように変えました。時事問題にはもちろん関心を持っていてほしいですが、それを暗記しているからといってジャーナリストに向いているわけではありません。SPIは全国にテストセンターがあって、地方の学生も含め大きな負担なく受けられることも切り替えた理由の一つです。

 ――マスコミといえば筆記試験。記者部門での廃止に社内で抵抗はなかった?
 意外になかったですね。ビジネス部門で1年早くSPIに変更し、筆記試験と同水準の結果が得られることが分かっていましたから。

 ――もともと記者志望ではなかった学生も来ましたか。
 マスコミ筆記試験対策をしていない優秀な学生も一定数受けてくれました。夏の第2回選考では、大手広告会社や流通業界、コンサルの内定を持った学生が受けてくれ、いずれも内定をとりました。

 ――学生の反応は?
 SPI導入の発表がエントリーシート(ES)募集開始の2カ月ほど前だったこともあり、それまで筆記試験の準備をしてきた記者志望の学生には戸惑いがあったようです。ただ、そもそも暗記はジャーナリストの資質に関係ないので、「より深く考える勉強方法に変えて」と伝えました。

記者に欠かせない論理的思考力 SPIの「非言語」で測る

■SPI
 ――一方、SPI導入について学生は?
 マスコミ志望者はSPIの準備をしていない人が多く、「いきなり受けることになり困った」という声がありました。それでも、内定した学生はSPIのテキストを1冊しっかりやるなど準備して臨んでくれましたね。

 ――導入のメリットは?
 リクルートによるとSPIは年間延べ200万人が受けるそうです。そのうち、どんな学生が弊社を受けているのかなど貴重なデータが得られました。かなり優秀な学生層がジャーナリストを志望していることもわかり、ありがたく思いました。

 ――すると、内定者は早慶など上位校ばかり?
 そんなことはありません。今年の内定者の出身大学は約30大学にのぼります。それだけでも「学歴フィルター」がないことはわかってもらえると思います。弊社の場合、学生の資質を「素」で見てもらいたいので、1次や2次の面接委員には大学名は伏せて学生に会ってもらっています。

 ――SPIの「言語」「非言語」のうち、記者部門は「言語」を重視するのですか。
 「言語」は国語力ですから大事ですが、「非言語」も欠かせません。非言語は算数というより論理的思考力を測るものです。前後の文脈を追い、「さっき言ったことと今おっしゃったことは矛盾してますよね」などと記者会見で突くのは非言語能力。言語能力が高くても非言語能力が低かったら新聞記者としては厳しい。バランスの良さが大切です。

 ――グローバルな取材が増えていると思います。英語力も大事ですよね。
 「言語」「非言語」に加えて、SPIの「英語」も受けてもらっています。英語力もあったほうがいいとは思いますが、新聞記者の相手は「人」であり、「現場」です。片言英語でも相手からいいコメントを引き出せればいい。英語が得意ではない学生も内定していますよ。

 ――書類選考はSPIの得点でバサッと切る?
 ESとSPIの結果を総合して書類選考します。ES重視ですから、ESが良かった学生はSPIの点数が低くても面接に来てもらいます。

 ――エントリーは増えましたか。
 2018年卒採用は各部門とも手書きのESからWEBエントリーにしたことでかなり増えましたが、2019年卒採用は例年並みでした。

 ――日程は?
 2019年卒採用の取材記者のES受け付けは2月5日から3月9日でした。SPIを3月9日から19日の間に受けてもらいました。もちろん、SPIはそれ以前に受けたことがある人についてはその結果を提出してもOKとしました。

■採用実績
 ――2018年春の新卒入社数を教えてください。
 朝日新聞社は部門別採用です。記者部門50人、ビジネス部門23人、技術部門12人の計85人でした。技術系はほぼ理系出身ですが、文系も若干名います。

 ――男女比は?
 男性46人、女性39人で、女性の割合は46%です。新聞社はいまだに「男性の職場」というイメージが強いと思いますが、そんなことはありません。採用は性別に関わらず平等です。

 ――2019年卒の内定者は?
 記者38人、ビジネス19人、技術8人の計65人と18年の新卒入社数よりは減員となりました。男性41人、女性24人です。