人事のホンネ

小田急電鉄株式会社

2019シーズン【第10回 小田急電鉄】
公共交通の責任と使命感じて!複々線化で沿線の魅力向上へ

人事部(採用・能力開発担当)課長代理 万代竜司(ばんだい・りゅうじ)さん

2018年03月13日

 企業の採用担当者に直撃インタビューする人気企画「人事のホンネ」。2019シーズン第10回は、関東を代表する私鉄・小田急電鉄です。通勤・通学の足としてだけでなく、箱根、湘南という人気観光地と都心を結ぶ小田急は今年、悲願の複々線化を実現させて新たな一歩を踏み出しました。とても身近な鉄道会社ですが、「総合職」と運行などに直接携わる「エキスパート職」では、求める人物像が異なるためエントリーシートの質問も変えているとか。興味深いお話をうかがってきました。(編集長・木之本敬介)

■採用実績
 ──2017年卒と2018年卒の採用実績を教えてください。
 当社は職種別の採用を行っています。2017年入社は「総合職」が18人(男性10人、女性8人)でした。高卒、専門学校卒、短大卒、院卒を含めた「エキスパート職」は136人(男性114人、女性22人)。トータルで154人(男性124人、女性30人)です。
 2018年の内定者は「総合職」が19人(男性10人、女性9人)です。「エキスパート職」は103人(男性79人、女性24人)。トータル122人(男性89人、女性33人)となっています。

 ──文系・理系はどうでしょう。
 技術系職種は理系に限ります。「総合職(技術系)」、「エキスパート職」の「車両」「電気」「土木・建築」「商業施設(技術)」などは学科・専攻の指定があります。それ以外は、「運転」も含め文理を問いません。ちなみに、「総合職(技術系)」は2017年、2018年とも6人です。

 ──採用数の増減は?
 2016年入社の総合職13人はやや少なめでしたが、例年15~20人くらいです。
 エキスパート職は2016年、2017年は複々線化に向けて運輸系の職種の採用を増やしていたので、やや多めでした。2018年は複々線完成後なのでおおむね平常の水準に戻りました。

■職種
 ──それぞれの職種について教えてください。
 総合職はさまざまな業務を経験し、ゆくゆくはグループ全体の舵取りを担うことが期待されています。管理職層や経営層を目指し、事業の中心的な役割、企画立案にも大きく携わる職種です。
 エキスパート職は「鉄道」「商業施設」「IT」に分かれていて、さらに「鉄道」の中には「運転」「駅務」「車両」「電気」「土木・建築」の5職種があります。それぞれの分野の中で専門知識を深めたり、能力を高めたりして、その道のプロフェッショナルを目指します。
 「IT」は2017年卒採用から新設しました。各種業務等のシステム化のほか、アプリ開発や駅へのWi-Fi設置などのお客さま向けサービスに係わる場合もあり、グループも含めたIT戦略を担う人材を採用します。

 ──総合職、エキスパート職、どちらの人気が高いですか。
 お陰さまでどちらの職種も応募者が多く、かなり高い倍率です。ただ、それぞれ求められる役割や働き方が異なるので、我々もミスマッチがないよう入念に説明しています。

 ──鉄道は男性のファンが多いイメージがありますが、女性の採用は意識していますか。
 「意図的に女性を増やそう」ということはなく、来てくれた人を純粋に人柄とか話の内容で選考しています。ただ、昨今の「女性活躍推進」「ダイバーシティ推進」といった観点は当社も重要視していて、今約8%の女性社員比率を2020年度に10%にすることを目指しています。昔は法律で女性の深夜勤務が制限されていたので、全体としてはまだ女性の数は多くないですが、応募者数は増えてきています。

 ──車内アナウンスで女性の声を聞くことが多くなりました。女性運転士も増えている?
 運転と駅務を一緒に採用する会社もありますが、当社は別々です。現状では女子学生は駅務志望のほうが多いですね。別にしているのは求められる役割や働き方が違うからです。学生の話を聞いている限りでは、接客などお客さま向けのサービスに関心のある人が「駅務」、列車の運行に直接関わりたい人が「運転」を志望する傾向があります。
 確実にキャリア選択ができるので、学生には好評です。やはり、エキスパート職を志望する人は希望する業務に確実に就けることを重視しているように見えますね。

 ──駅務で入社した人が「やっぱり運転士になりたい」と異動することは?
 ありません。逆のケース、たとえば健康上の理由などで列車への乗務が難しくなった場合、「運転」から職種変更するケースはあります。

 ──総合職とエキスパート職間の異動は?
 それぞれの職種間の転換制度を用意しています。

 ──やはり鉄道オタク的な学生の応募が多いのですか。
 そういう感覚はないですね。たまに学生から「鉄オタだとバレると受からないのでは?」と聞かれますが、そんなことはありません(笑)。鉄道好きの人も、「昔からの夢でした」という人もいます。ただ、仕事なのでバランスは必要です。「鉄道が好き」ばかりで視野が狭くなると支障がありますが、そうしたことがなければ全く構いません。

 ──鉄オタは総合職、エキスパート職、どちらにもいますか。
 どちらかというとエキスパート職のほうが多い気がしますね。

 ──技術職の採用に推薦制度はありますか。
 ありません。完全に自由応募です。

総合職は課題解決力、エキスパート職は打ち込んだ経験を

■インターンシップ
 ──最近は「売り手市場」で、各社とも特に技術系総合職の採用に苦労しています。
 簡単ではないですね。当社は夏と冬、年に2回インターンシップを行い、それをとっかかりにして興味を持ってもらえるように説明しています。

 ──どんなインターンですか。
 総合職の技術系は4~5日間で行います。保線作業や車両所の設備を見たり体験したりするほか、ワークや先輩社員との懇談を通じて仕事内容を知ってもらいます。「土木・建築コース」「電気・機械コース」と二つに分かれて行い、各コース6~8人で実施しています。
 さらに、ワンデーインターンが解禁になったので、通常のプログラムを短縮したものを複数回実施しました。ワンデーは2月に実施し、100人以上に参加してもらいました。

 ──事務系のインターンは?
 今後はわかりませんが、現状は実施していません。業務内容が広いこともあり、会社のことを正確に知ってもらうプログラムが現状では難しいと考えています。

■ES
 ──3月1日解禁のあと、エントリーシート(ES)の提出期限はいつごろですか。
 総合職は4月上旬、エキスパート職の大卒は5月中旬~下旬ごろです。エントリー数は例年数千人です。

 ──会社説明会は?
 3月にプレエントリーしてくれた学生に会社説明会の案内をします。鉄道だけでなく、いろんな事業をしているので、どんな事業を展開しているのか、各部門の役割や仕組みのほか、当社の今後の方向性などについて説明します。
 総合職向けの説明会に来て違和感があった人には、エキスパート職の説明会も案内しています。エキスパート職は、鉄道と商業施設・ITの職種別に開きます。

 ──ESの特徴を教えてください。
 総合職とエキスパート職で内容は別ですが、どちらも手書きです。志望度や書き方によって個性が表れるので。
 総合職の自己PRは「写真やイラストなどを自由にお使いください。文字だけの場合は下線を引いたり、色づけをしたりしてください」としています。

 ──どんなESが来ますか。
 サークルの写真を貼って自分の役割を説明したり、自分をキャラクター化したり、何かにたとえたり……。「明るい人間です」と太陽をイメージできる写真を載せた人などバラエティーに富んでいます。
 写真と文章が半々くらいの人が多いですね。自分を中心にした体系図を書き周囲のおかげで自分が成り立っていると示す人、周りとの関係を書く人、自分が取り組んできたことについて書く人もいます。「あなたの取り組みたいこと」の欄に、いろんな路線図を描いて「こういう開発をしたい」という人もいました。

 ──コピペできないし、文章以上にごまかしがききませんね。
 みなさん工夫しています。非常に思いが伝わるし、志望理由もよく分かります。自由表現で「正解」がないので、学生は内容やスペースの配分に頭を悩ませているようですが。

 ──総合職のESに「学生時代に特に頑張った取り組み」を一つ挙げ、「特に問題と感じたことと問題をどのように解決したか」を書く欄がありますね。いわゆる「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」ですが、あえて「取り組み」「問題」「解決法」を聞くのはどうしてですか。
 総合職は事業の企画立案などを早い段階から担っていくことが期待されているので、チームで問題が起きたとき周囲との関係性の中で、どのように努力して乗り越えたり、苦労して打開したりしたかといった具体的なエピソードを聞きたいんです。
 一人ひとりに話を聞く時間は限られているので、表面的な話しかできないとお互いに不幸です。短い時間の中で、皆さんの話をしっかり聞けるようESをこういう設問にしています。

 ──入社後に「取り組んでみたいこと」の欄も具体的な内容を求めているのですか。
 そこまで具体的でなくて構いません。知らないことも多いでしょうし、具体性を求めすぎると小さくまとまり、みんな同じ話になってしまう。皆さんが思い描いている発想を大事にして書いてもらいたいです。

 ──「鉄道の沿線の開発がしたい」「商業施設をつくりたい」くらいの方向性は必要ですか。
 最初は「鉄道」「不動産」と明確でなくても構いませんが、ある程度は軸となる「やりたいこと」があるからこそ応募するのだと思いますので、そこを表現してもらえたらありがたいですね。

 ──一方のエキスパート職のESは文章だけ。エントリーの時点で志望職種を書くのですか。
 はい。職種が細分化されているし、エキスパート職は「この仕事をやりたい」と受ける人が多いので、「志望する理由」も書いてもらうようにしています。

 ──ここは、「鉄道が好き」「昔から小田急に憧れていた」という人が多い?
 「好き」というのもありますが、「憧れて」という人も結構います。
 ただ、どうして当社なのか、なぜ鉄道の仕事をしたいのかを聞きたいですし、鉄道業界や小田急を目指す「軸」もぜひ聞けたらと思います。

 ――どんな軸の学生がいましたか。
 「人々の生活の根幹となる移動を直接支える仕事をしたい」「小さい頃から特急ロマンスカーの乗務員に憧れて」「小田急の路線特性に魅力を感じて」といった学生がいました。

 ──「小田急ならでは」ってどんなところですか。
 一例ですが、通勤・通学だけでなく休日に観光で乗る方も多い路線特性や、特急ロマンスカーなどが挙げられますね。

 ──「学生時代に一生懸命取り組んだこと」は二つ書くんですね。なぜ「二つ」?
 一つだと、皆さんの考えていることが正確に伝わらない場合もあります。実際に話を聞く中で二つについて聞くと、個性が多面的に分かることがよくあります。一つの話だけを掘り下げる場合もありますが。
 総合職では「しっかりやり遂げた課題解決能力」を書いてもらうのに対し、一つの仕事を極めていくエキスパート職は「一生懸命に取り組んできたこと」を書いてもらい何かに打ち込んだ経験があるかどうかを見ます。

 ──サークル、アルバイトの話題が多いですか。
 そうですね。部活動やゼミ活動、ボランティアなどもあります。

 ──最後の質問が「あなたが働くうえで大切にしたいことを一言で表し、その理由も書いてください」ですね。ここが「軸」?
 軸の一つでもありますし、思いをもって当社の現場を担う一員になることを目指す人に多くお会いたいという期待も込めています。当社は公共交通機関の一翼を担っているので、責任感、使命感が感じられるといいなと思います。人柄がある程度イメージできる利点もあります。

人気記事