人事のホンネ

三井不動産

2018シーズン 【第3回 三井不動産】
周りを巻き込んで成し遂げる仕事 粘り強さとやりきる力大事

三井不動産 人事部人材開発グループ企画統括 吉田正之(よしだ・まさゆき)さん

2016年12月22日

 企業の採用担当者に編集長が直撃インタビューする人気企画「人事のホンネ」。2018シーズンの第3回は、国内最大手の不動産会社、三井不動産です。
 都心の再開発に力を入れるのに加え、商業施設やホテル、住居などを幅広く手がける総合ディベロッパーは、どのような方針で採用を進めているのでしょうか。歴史ある重厚なビルの一室でお話をうかがいました。

■採用実績
 ──2016年卒の採用実績を教えてください。
三つの職種があり、「総合職」が35人(男性24、女性11)。プロジェクトの一役を担い、チームの仲間をサポートする役割の「業務職」は4人(女性4)。オフィスビルをはじめとする当社施設の運営管理を担う「管理技術職」は2人(男性2)でした。

 ──理系の学生はいますか。
 例年2割程度は理系の学生です。ちなみに私自身は文系の学部出身で当社に中途採用で入社しました。1996年に大学を卒業した後銀行で約6年働き、三井不動産に移ってから15年目になります。前職での経験も含めて不動産に関する知識はありませんでしたが、不動産に関する知識などは入社後に業務を遂行しながら習得してきました。新卒の場合も、入社時に不動産などに関する知識は不問としています。

 ──2017年卒の採用人数は?
 ほぼ前年同様です。

■社員訪問、オープンセミナー、トークセッション…
 ──エントリー数はどれぐらいですか。
 就活の期間が短かったこともあり心配していましたが、結果的にエントリー数は増えました。短い期間でしたが、採用広報活動は効果的におこなうことができたと考えています。

 ──2017卒の採用ホームページを拝見すると、3月上旬から「社員訪問」、中旬から「オープンセミナー」、下旬から「トークセッション」、4月中旬から地方の「支店社員訪問会」と、会社説明会やセミナーが実に多彩ですね。
 「社員訪問」はWEBで予約するシステムを用意していますが、社員数があまり多くないので「なかなか予約が取れない」という声がありました。そこで、近年は「トークセッション」という社員1人対学生10人ぐらいの座談会形式のセミナーを各地で開くようにしました。「社員の生の話を聞いて、より意欲が高まった」という感想もあったので、それが大きいのではないでしょうか。

 ──オープンセミナーはどんな形式ですか。
 デベロッパーの業務を体感してもらうために、街づくりに焦点を当てた「体感型価値創造アカデミー」と、三井不動産の実際のプロジェクトの業務内容を追体験してもらう「プロジェクト実感セミナー」の2種類のセミナーを開催しました。いずれもグループワーク3時間ほどのセミナーですが、ここで当社の業務に興味をもってくれる学生が多いですね。

 ──金融などには説明会の参加回数を重視する会社もあって、学生の間では「スタンプラリー」などと言われています。
 私のころの就活はWEBではなくハガキでのエントリーでしたが、「何枚も書いて熱意を見せるといい」と聞いて志望先に同じハガキを10枚以上書いて送りました(笑)。今思えば冗談のようなエピソードですが……。今も、もしかすると参加回数を数える会社があるのかもしれませんが、弊社ではイベント参加回数は一切見ていません。ただし、社員の実際の話を聞いたりすることで当社についての理解を深めてもらいたいという思いはあるので、ぜひ積極的に参加してほしいと考えています。

 ──2017卒就活は「短期決戦」だったため、「企業理解の浅い学生が多かった」という企業が目立ちます。
 今年の学生の企業理解が浅かったとは特に思いません。私がお会いした学生については例年との違いはあまり感じませんでしたね。

■インターンシップ
 ──インターンシップについて教えてください。
 今年度は秋と冬の2回インターンシップを実施します。
私たちの仕事の大きな部分はプロジェクトマネジメントです。ただ、大きなプロジェクトに関われるのは、特に海外では商社だと考える学生も多いようですね。「仕事が大きい」「海外で活躍できそう」というイメージです。
 私たちも海外での街づくりや投資を積極的におこなっており、秋のインターンシップは「海外」「投資」という切り口で実施しました。米国・ニューヨークでは「55ハドソンヤード計画」という大規模な複合開発プロジェクトに取り組んでいます。国内外での大きな投資に関して、自分が担当者として取り組むことができる当社の魅力に目を向けてほしいという強い思いをもっています。

 ──インターンは手間ひまがかかりますよね。
 そうですね、人事部だけでなく、いろいろな社員が関わります。冬のインターンは日本橋の本社と柏の葉で合計5日間おこないますが、実際にプロジェクトに取り組んでいる社員がメンターのような形で指導や助言をします。学生と社員が一緒につくっていく点が魅力だと思います。

 ──インターン参加学生から内定者は出ましたか。
 もちろん内定した方はいますが、インターンの参加の有無が選考に影響するということは全くありません。インターンに参加した学生に対しても、学生時代に何をして、どういうことを考えてきたのかをきちんと聞いています。

多様なメンバーと交わり何かを成し遂げてきた人を重視

■エントリーシート
 ──選考スケジュールは、3月からES受け付け、5月締め切り、面接は6月からですね。
 当社の面接は経団連の指針に従い、6月から実施をしています。セミナーなどでもその点についてはしっかりと説明しています。

 ──エントリーシート(ES)の項目は、学生時代に取り組んだことが中心ですね。漠然と聞かず細かく尋ねる印象です。
 わが社では「アプリケーション(申し込み)シート」と呼んでいます。質問項目は毎年見直しています。
 一つひとつについて「いつ」「どういう活動だったか」と詳しく聞きます。その方が学生も書きやすいし、読む方もポイントをつかみやすいですから。
 字数は年によって異なりますが、1項目400~500字、中には800字近いものもあります。

 ──見るポイントは?
 「周囲の人たちと協力して目標を達成したか」「粘り強さはあるか」などですね。弊社のプロジェクトは、短くて2~3年、長いと10~20年かかります。新しいプロジェクトを進める際には時に地域の皆様などから反発を受けることもあります。しかし、私どもの開発は地域にも貢献するものであり、完成した暁にはさまざまな方に喜んでいただけることが多いと考えています。当初は「迷惑をかけてしまっているのかな」と思うかもしれませんが、「この開発は地域に貢献するものとなる」という信念を持ち粘り強く進められるかが大事です。粘り強く何かに取り組んできた経験や、あきらめず最後まで「やりきる力」が重要です。

 ──「これだけはこだわりたいこと」という問いの狙いは?
 その人の人間性や価値観、つまり「譲れない部分」「大切に思っていること」を聞き、そのエピソードなども知りたいと思い、この設問にしました。

 ──仕事選びの「軸」ですね。志望動機は「街づくりに関わりたい」という内容が多い?
 私たち自身もアピールしていますから「街づくりがしたい」という記述は多いことは事実です。
 「社員の良さにひかれた」という声もあります。学生から「どんなことに取り組んでいますか」「こだわっていることは」などと聞かれた際には社員がしっかりと自らの言葉で答えているので魅力的と思ってもらえるようです。

 ──WEBテストやSPIはどう活用していますか。
 プレエントリーし、アプリケーションシートを提出しWEBテストも完了した時点で本エントリーしたことになります。面接での評価などと合わせ、総合的に判断をしています。

■面接
 ──面接はどんな形式ですか。
 面接は3回ですが、2017卒採用は短期決戦で6月半ばまでにはほぼ終了しました。
 いずれも個人面接です。各回20分ぐらいですが、3回の面談で学生時代の経験などをかなり突っ込んで聞きします。

 ──学生時代の経験で重視することは?
 どの面接でも学生時代、ときに困難に直面することがあっても、真摯に向き合い多様なメンバーと一緒に何かを成し遂げた経験をしているかどうかについて聞くことが多いです。私たちの仕事は当社の社員だけですることは少ないからです。たとえば「ららぽーと」をつくる場合、ゼネコン、デザイナー、代理店、あるいは弁護士などいろんな方と、長い時間をかけて一緒に進めます。プロジェクトに関わっていただく方とときに利害が衝突することはあるかもしれませんが、それを自らの力で乗り越えて、社内外の多様なスペシャリストを束ね、プロジェクトを成功に導くのが当社の仕事です。
 「ゼミの幹事長」「サークルのリーダー」といった肩書きは必ずしも必要ありません。気の合う仲間内だけではなく、多種多様なメンバーといかに関わってきたかを聞きます。ボランティアでも、地域コミュニティでの活動、海外の経験でも何でもいいのですが、様々な価値観の人たちと交わって何かを成し遂げてきた人。そういう人が当社に向いていると思います。

 ──どんなことを成し遂げた学生がいましたか。
 たとえば「海外留学中に、得意な野球やサッカーで地元の学生も含めたチームを作りまとめてきた」「部活やサークル活動で、みんなで意見を戦わせながら優勝や成功に導くために努力した」「地域の祭りなどで他の大学や年代の違う人と交流して、一つのことを成し遂げた」といった学生がいました。

 ──面接で、時事問題やニュースへの関心を聞くことは?
 アイスブレイクで話すことはありますが、あまり多くは聞かないですね。それよりは、性格や人となりを見たい。ただ、「世の中への感度」があるかどうかは重要です。好奇心旺盛な人が向いていますから。

 ──学生を見極めるポイントは?
 大きな商社やメガバンクと比べ採用人数が多くはないこともあり、「一人ひとりがどういう人なのか」を徹底的に見ます。入社する社員は、ずっと一緒に働いていく「仲間」だと思っています。面接する社員には、学生を「部下」として見ないように言っています。部下として見ると「言うことを聞きそうだな」と、行儀の良さそうな学生ばかり選んだりする(笑)。誰しもたとえば「体育会系の学生が好き」「自分と同じ理系の大学院生が好き」など、バイアスや好みはありますから、できるだけ複数の社員で面接して、その学生が将来当社で活躍できるのか、当社に入社することがその学生にとっても幸せなのかをじっくりと判断したいと考えています。

 ──採用で競合するのは?
 同業他社に加えて、三井物産や三菱商事などの商社と競合することが多いですね。

人気記事