人事のホンネ

最新記事

2022シーズン⑧ 東宝《前編》
ESは悩んで見せ方工夫して 選考で「引き出しの多さ」見る【人事のホンネ】

管理本部 人事部 人事企画室 人事課長 多田行宏(ただ・ゆきひろ)さん、人事課 富田玲実(とみた・れみ)さん

2020年12月16日

 人気企業の採用担当者に直撃インタビューする「人事のホンネ」の2022シーズン第8弾は、東宝です。ゴジラから、メガヒット中のあのアニメ映画まで、数々の名作を世に送り出し続けています。老若男女が楽しめる作品づくりには、世の中にアンテナを張って流行を押さえる「引き出しの多さ」が大事だとか。それを見るために行った独特のテストとは……。(編集長・木之本敬介)

■「鬼滅の刃」
 ──共同配給した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が歴史的なヒットですね。
 多田さん(写真右) 超メガヒットで、映像部門全体に活気がみなぎっています。コロナ禍で映画館・劇場が閉鎖になった後、スタジオジブリの旧作上映で興行が再開。新作では7月に「今日から俺は!!劇場版」がヒットしました。営業部門の社員に会うと表情が明るくて、映画が1本ヒットすると活気が出るんだなと肌で感じました。

 ──コロナでエンタテインメントが消えたときは?
 富田さん(写真左) 当時私はWEBでの新入社員研修を担当していました。右肩上がりだった映画興行が難しい局面に入って、どんな思いで入社してくるのか心配でしたが、みんな未来志向でした。研修中はステイホームでネットフリックスのドラマが盛り上がっていることなどが話題になり、「今はない新しいことができるかも」「東宝でこんなことはできないのか」と前向きでした。逆境にへこたれないポジティブな人が集まっていると実感しました。

■コロナ禍
 ──コロナ禍の採用を振り返ってください。
 多田 私は2020年春に人事部に来るまでずっと営業で人とのつながりを活力にしてきたので、コロナ禍でまったくコミュニケーションをとれない中、WEB面接とはいえ学生と会えるのが楽しかったです。
 富田 コロナ禍の最中はどうなることかと思いましたが、ドラスティックにこれまでと変えなければならない転換点でもあり、すごく面白かったです。

 ──前向きですね。自社説明会は?
 富田 自社説明会は中止しました。代わりに3月中旬、エントリーシート(ES)の受付期間中にWEB上で社員が質問に答える「オンライン質問箱」を開設し、双方向でやりとりしました。「プロデューサーは主題歌を決めたりするんですか」「原作漫画の映画化の権利をとるのもプロデューサーですか」など、たくさん質問が寄せられました。それこそプロデューサーの仕事なんですが、意外と伝わっていないんだと気づきました。これまでの採用広報活動では情報不足で学生に不安を与えてしまっていたのだなと反省しました。今後にいかしていきたいと思っています。

 ──その後のスケジュールは?
 富田 まず適性検査とインターネット小論文で選考し、次がESによる書類選考です。4月中旬に書類選考の結果を通知したところでいったん中断し、5月下旬に再開しました。予定よりずいぶん遅れました。

■ES
 ──ESにはどんな特徴がありますか。
 富田 たとえば、いわゆる「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」「学生生活で頑張ったこと」ではなく、問題文に含みを持たせているのが当社のESの特徴です。どれも字数が多いので、いかに具体的、多角的に表現できるか。読み手が想像できるように自分の経験を魅力的に伝えられるかがポイントです。他社の「ガクチカ」のコピペで済まさないでほしいんです。内定者は「分量が多い分、書き込めました」とプラスに捉えていました。エピソードの見せ方とか、この設問ならどこを強調して書こうとか工夫した人が輝きやすいですね。

 ──設問の意図を読み取るのは、企画に必要な資質ですか。
 富田 どの部署も多くの人と関わる仕事なのでコミュニケーション能力が求められます。相手の意図をつかんで自分で表現して返せるか、その片鱗を見たいと思いながらESに目を通しています。

 ――どの設問も他社では見かけないユニークなものが多いですね。
 富田 全体を通して、悩むESだと思います。多角的に出すのか、一つを深掘りするのか。正解はないので悩んで書いてほしい。きれいにまとまっていなくても、「これだ!」「このアイデアだ!」と自分の発想に自信を持って書いてほしいと思っています。…続きを読む

みなさんに一言!

 いま就活しているみなさんは不安だらけだと思います。この1年間、学校に行けずキャンパスライフもなくて、「就活で何を話そう」と不安に思っているかもしれません。でも面接官は何をしてきたかの経験を聞きたいのではなくて、どんなことを考えているか、どんな風に人と関わってきたか、どういう考え方をする人なのかを見ようとしています。経験が少ないからと自信を失わず、「きちんと毎日を過ごして考えていることがあるんだ」と自信を持って選考に臨んでください。(富田さん)

 コロナ禍にあって、今まで経験したことのないようなメガヒット作品「劇場版 『「鬼滅の刃』 無限列車編」が誕生しました。エンタテインメントの可能性を改めて感じています。映画・演劇が好きでなくても、「社会にインパクトを与えたい」「社会貢献したい」という気持ちでも構いません。エンタテインメントが持つ可能性にチャレンジしてくれる若い方々とお会いできるのを楽しみにしています。(多田さん)

東宝

【映画・演劇の製作・配給・興行】

 東宝は「朗らかに、清く正しく美しく」をモットーに、映画、演劇、不動産を事業の三本柱としています。すべての仕事において「企画」の力が大切だと考え、飽くなき向上心をもって成長を続けています。エンタテインメントを通じてお客様の心を揺さぶり感情を豊かにすることが私たちの使命です。

過去の記事一覧へ