就活体験レポート

航空 内定者の就活体験

母と二人で面接特訓、エピソードの引き出し増やす

S.H.先輩

航空 内定 法学部 女性

2017年11月07日

学生時代は何に力を入れていましたか?

 中学時代はテニス部、高校時代はダンス部に所属し、部活づけの青春時代を過ごしました。大学でも、ほとんど体育会のように厳しいダンスサークルに所属し、大学3年の12月までダンスに明け暮れていました。勉強よりもダンスを優先してしまった感じでしたが、「全力で頑張った」と自信を持って言えます。

就活を始めたのはいつごろですか?

 大学3年の1月です。ダンスサークルを引退し、そろそろ本気で就活をしなければと焦りも出はじめました。志望業界は、航空の客室乗務員を第1希望に、ITやイベントの企業も検討しました。企業説明会に行き、CAスクールにも通いました。TOEICやSPI対策も始めました。家では企業のサイトを見ることが多かったです。この時期は、就活を始めたはいいものの、何をどうすればいいのかよくわからず困惑していました。

インターンシップには参加しましたか?

 はい、大学3年の8月に、大手IT企業の関連会社1社にだけ参加しました。ESの文量が少なかったのと、サークルで忙しい中ちょうど空いている時期だったので、そこにしました。ただし、その後先の選考に進むことはありませんでした。

業界・企業研究はどのようにやりましたか?

 企業説明会に参加したり、企業のサイトを読んだりしました。OG訪問は、大学のキャリアセンターで先輩を探し、商社の一般職やCAの女性を中心に15~20人ぐらいお会いしました。
さらに、航空業界に関しては、「朝日学生キャリア塾」の講師の方から教わった方法で新聞記事をスクラップしました。スクラップした記事の脇に、自分なりに考えたことやエピソードをポストイットに書き添えて貼ったりしました。

3月~(広報解禁後)の活動内容は?

 興味の幅を広げるため、3月は毎日3社くらいのペースで説明会に行っていました。4月からはESに専念しました。早い会社だと3月から面接が始まっていたのですが、私は1社も受けていません。志望順位が高かった会社が5月に面接で、それが初めての選考になってしまいました。面接中、緊張のあまり頭が真っ白になり失敗しました。少しでも興味ある会社を見つけて、もっと早い時期に選考を受けておけばよかったと思います。

ESを書くときに工夫したことはありますか?

 朝日新聞の「キャリア塾」に参加し、講師の方にESを添削してもらいました。アドバイスに従い文章を何度も練り直したおかげで、ESで落ちることはありませんでした。業界や職種によって書くエピソードを変えたり、同じエピソードでも切り口を変えたりするなど、受ける会社や職種に合わせて文章を工夫しました。

6月~(選考開始)の活動内容は?

 6月はずっと面接でした。受けた会社には申し訳ないですが、本番の面接で面接練習をしていたような感じです。選考がない日は、母親と航空会社の面接練習をやっていました。ネットや本に載っている過去問を調べて想定質問を用意し、母と練習しました。本番で全く同じ質問をされたのは1回だけでしたが、面接慣れして質問されている間にも、「あのエピソード話そうかな」などと考える余裕ができました。答える内容を一字一句暗記することはありませんでした。

お母様とどのように面接練習をしたのですか?

 ただひたすら、エピソードの引き出しを増やす練習をしました。自分の過去のエピソードを、思いつく限りポストイットに書き出し、ノートに貼りました。その時思ったこと、それに対して自分が起こした行動などをメモしました。母が面接官役になってメモを見ながらいろんな質問をし、私がそれに答える練習をしました。本番で聞かれたことも過去についての質問だったので、エピソードをたくさん用意していた私には難しく感じませんでした。この練習が、一番の“緊張ほぐしアイテム”になりました。つきあってくれた母には大変感謝しています。

内定した企業を選んだ決め手は?

 社員の方に直にお会いして伝わってきた社風が一番の決め手です。面接会場で、社員の方が一生懸命私たちの緊張をほぐそうとしてくださり、感動しました。なんてあたたかい会社なんだろうと思いました。それが最終選考まで続いたので、「ここで働きたい」「ここの先輩たちと一緒に働きたい」と思いました。

就活全体を振り返って、後輩に伝えたいことは?

 TOEICやSPI対策は、なるべく早い時期から始めた方がいいと思います。あと、何か一つでも自分が全力で取り組み、「これだけは誰にも負けない」と言えるものがあると、自信につながると思います。私は、大学のダンスサークルで50人の部員をまとめた経験がありました。また、家で母とやった面接練習も本当に役に立ちました。エピソードを徹底的に掘り起こし引き出しを増やしたことで、本番でも余裕を持って応えることができました。親に否定的なことを言われて耳が痛くなることもありますが、そこにヒントや“緊張ほぐしアイテム”が隠れているかもしれません。