人事のホンネ

最新記事

2016シーズン 【第3回 オリエンタルランド】
「ディズニー好き」だけではNG! やり抜く信念と広い視野を

オリエンタルランド人事本部人事一部 採用教育グループマネージャー 横山政司(よこやま・まさし)さん

2014年10月01日

■採用実績と職種
 ――2014年春の新入社員の数を教えてください。
 職種が大きく三つに分かれています。総合職は31人。パーク内施設のメンテナンスや、新しい施設の建設、改修工事を担当する技術職が6人、それ以外の専門スキルをもった職種が2人で、新卒採用は全部で39人でした。男性19人、女性20人でほぼ半々です。

 ――総合職で入社すると、どんなキャリアを積むのでしょう?
 新卒で入ると、最初は仕事を覚えてもらうため、全員キャスト(パークで働くアルバイト)と一緒にパークのオペレーション(現場での運営)をします。そこで我々の収益の源泉は何なのか、仕事を通じてしっかり理解してもらう。キャストは二つのパークで1万8000人くらい。彼らを統括する「スーパーバイザー」という役割まで担当してもらいます。それが一人前にできるようになったところで、総合職の社員は現場のマネジメントでキャリアアップする者や、私のように管理や企画など別部門に行く者などに分かれていきます。

 ――技術職以外の専門職はどんな仕事ですか。
 総合職と技術職は毎年必ず採用しますが、それ以外の専門職は各部門のニーズに応じて採用します。2014年に入社した2人は、コスチュームに関する専門職。コスチュームのデザインに基づき材質や生地を決めて形にする仕事と、「イッツ・ア・スモールワールド」などアトラクションの人形のコスチュームをつくったりメンテナンスしたりする仕事で募集し、それぞれ服飾系の学生を採りました。

 ――2015年新卒採用の現状を教えてください。
 内々定者は全体で56人。うち総合職41人、技術職8人、その他専門職7人です。男性は30人で女性が26人です。昨年、東京ディズニーリゾートは30周年を迎えました。新卒は40人前後の採用が続いていましたが、オープン当初に採用した社員が定年を迎えるので、これからは採用数を少しずつ増やしていきます。…続きを読む

みなさんに一言!

「モチベーショングラフ」を書いてみてください。今まで多くの学生のグラフを見てきましたが、ずっとハッピーだったからと高い位置に真横に直線を書く学生がいます。「小学校から落ち込んだことなんて1回もないんです」と言う。この人は会社に入ってつらい状況になったとき、乗り越えられるんだろうかって思います。確かに学生時代は社会に出て味わうような厳しい経験をする機会がなかなかありません。だからこそ、何かを選択するときには意図的に厳しい道を選んで経験を積んでいかないと、社会に出てからみなさんが苦労するはず。学生時代にそういう厳しい経験をあえてするようにしてください。それらの経験を通じて成長することが、「一緒に働きたい」と思わせる人財になる一番の方法なのですから。

851_ext_09_0.jpg

株式会社オリエンタルランド

【レジャー・アミューズメント】

 1960年7月に「国民の文化・厚生・福祉」に寄与することを目的に創設された当社は、浦安沖の埋め立てから事業をスタートし、約50年の間にテーマパーク事業、ホテル事業など、人々の心に潤いと活力を提供する<心の活力創造事業>を展開するオリエンタルランドグループとして成長を続けてきました。当社は「夢・感動・喜びやすらぎ」を提供するという企業使命を実現すべく、主に東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの経営・運営を行っています。当社には、事業の成長を支える為に、お客様からは見えない様々な仕事があり、その全ては「夢・感動・喜び・やすらぎ」を提供することに繋がっています。

過去の記事一覧へ