2017年01月30日

決算記事で業界・企業の今を知ろう ニュース★あらもーど(1月23日~1月29日)

テーマ:週間ニュースまとめ

 これから春に向けて、企業の決算に関するニュースがたくさん出てきます。試しに今回取り上げたLINEの決算記事を読んでみましょう。意味が分かりますか?
 就職先を決めるのに、そもそも伸び盛りの業界なのか、企業としてどうなのか、しっかりと意識する必要があります。面接など就活の場面でも、最新の状況について知っているかどうかはとても大切です。いい機会だと思って少し勉強し、読めるようになりましょう。経済ニュースの理解度が格段に深くなりますよ。

 写真は10月28日付朝日新聞朝刊、SUBARU「NEWインプレッサ」の2面続きの全面広告を使ったバッグ。背景は東京スバル新宿店です。

 毎週月曜は1週間のニュースのうち、みなさんと共有したい話題をお届けする「ニュース★あらもーど」の日。火曜~金曜日の「今日の朝刊」通常版で大きく取り上げていないニュースをまとめています。ご活用ください。(朝日新聞教育総合本部ディレクター・真下 聡)

ニュースダイジェスト

【旅客機】三菱重工、MRJ納入2020年に延期 開発費1000億円増 (1/23.Mon)

 三菱重工業は開発中のジェット旅客機「MRJ」の納入開始を、2018年半ばから2年先送りすると発表した。機体の設計を変更するためで、延期は5回目。開発費は当初の約1800億円から3300億円程度まで膨らみ、さらに1000億円ほど上積みされる見通しになった。

【娯楽】2016年映画興行収入2355億円 2000年以降で最高に(1/24.Tue)

 映画の売り上げを表す国内の興行収入が2016年、2355億800万円(前年比183億8900万円増)に達し、現在の発表形式に変わった2000年以降で過去最高になった。入場者も1億8018万9000人(同1355万9000人増)を記録。1億8000万人を超えたのは1974年以来42年ぶり。邦画部門で興収1位のアニメ「君の名は。」と2位の「シン・ゴジラ」を始め、東宝の配給作品が上位10本中8本を占めた。

【通信】LINE、広告好調で黒字転換 利用者世界で2億1700万人 (1/25.Wed)

 無料通信アプリのLINEが発表した2016年12月期決算は、ニュース配信サービスからの広告収入が好調で、純損益が75億円の黒字(前年は75億円の赤字)に転換した。売上高は前年比16.9%増の1407億円、営業利益は前年の約10倍の198億円。通期決算の発表は昨年7月の上場後初めて。月に1回以上使う利用者は国内で6600万人、全世界で2億1700万人(昨年12月時点)いる。
(関連記事:1月27日業界研究ニュース「LINEの利益が前年比10倍 どこで稼いでいる?」)



【金融】NY株、初の2万ドル突破 トランプ政権に期待感(1/25.Wed)

 ニューヨーク株式市場は、大企業で構成するダウ工業株平均が上昇し、終値で史上初めて2万ドルの大台を突破した。トランプ米大統領による経済政策が米国の経済成長を加速させるとの期待感が、新政権が実際にスタートしたことで再び高まり、相場を押し上げた。ダウ平均は、1896年の公表開始から約120年を経て、歴史的水準に到達した。終値は前日より155.80ドル(0.78%)高い2万0068.51ドル。

【トランプ政権】米大統領令で入国禁止、拘束・搭乗拒否280人に (1/28.Sat)

 トランプ米大統領が中東・アフリカ7カ国の国民の入国を一時禁止する大統領令を出し、米国に入国できずに拘束されたり、飛行機に搭乗拒否されたりした人が約280人に上った。27日に署名された大統領令は、シリアなど「テロの懸念がある」7カ国を指定し、一部の例外を除き90日間入国を禁止した。対象国の人口は2億人以上で、国民の多くがイスラム教徒だ。

※「就活割」で朝日新聞デジタルの会員になれば、すべての記事を読むことができ、過去1年分の記事の検索もできます。大学、短大、専門学校など就職を控えた学生限定の特別コースで、卒業まで月額2000円です(通常月額3800円)。お申し込みはこちらから